友人から婚活パーティーをおすすめされました

彼女とも別れて寂しい思いをしていた

婚活パーティー必勝法 その1 | スプリングガーデン

身近に出会いがなくて困っていました。
長年付き合っていた彼女がいたのですが、最近になって別れてしまい、寂しい思いをしていました。
出会いを求めようとしても、会社やプライベートでは出会いがなく、どのようにすれば出会いがあるのかがわかりませんでした。
社会人になってからは、学生時代と比べても自由な時間が少なくなっているので、出会いが身近なところにありませんでした。
友人に相談をしてみると、婚活パーティーおすすめされました。
婚活をしようとしてもたくさんの種類があったので、どの婚活が良いか分かりませんでしたが、友人からのすすめもあったので、婚活をする決意を固めました。
学生時代の友人で、しばらく会っていなかったのですが、楽しそうにしていたので何かあったのか聞いてみると、良い出会いがあったと言われました。
その友人は婚活をすることで出会いがあったと言っていて、私も興味が出てきました。
私は今まで婚活パーティーのことは知らなかったのですが、友人もそこで出会いがあって満足していると言われました。
多くの男女が飲食をしながら話ができるところで、その友人も出会いがなくて困っていて参加をしたと言っていました。
幸い身近なところで婚活パーティーがあったので、私も参加してみることにしました。
最初にインターネットで開催している団体のサイトに行くと、複数の婚活パーティーがありました。
参加する人数に差があったのですが、最初だったのでなるべく人数が少ないところが良いと思いました。
団体に連絡をして料金を支払いをしたのですが、料金の支払いも簡単で、クレジットカードから支払いができたので手間もありませんでした。
一度お金を支払えば、自由に飲食ができるのも魅力的に感じました。

女性1人でも行けるおすすめの婚活パーティーとは

自宅と職場を行き来するだけというような生活を送っていた私は、仕事中心の人生を歩んでいました。そのため彼氏をつくってデートをするということだけではなく、友達と遊ぶということもおろそかになっていたので

す。毎日仕事のことばかりを考え、気づけば20代なかばにさしかかっていました。

周りの友達がどんどん結婚していき、中には子どもを産んだという友達も出てきたときにはさすがに焦りを感じました。もちろん結婚願望はありました。いずれは子どもも欲しいと考えていました。しかし最大の難点となっていたのが「出会いがない」ということでした。

職場には男性はたくさんいましたが、仕事というフィールドの中にプライベートを持ち込みたくない私にとっては、仕事がきっかけで恋愛に発展するというようなケースはまず考えられませんでした。友達に「誰か紹介して」というのも面倒でしたし、自分から出会いを見つけに行く勇気もありませんでした。このままでは一生仕事中心の人生を歩むことになるのではないかと悩み始めた頃に、同級生から「婚活パーティーに行ってみてはどうか」という助言をもらったのです。

婚活パーティー自体がよく分からなかった私にとっては、なんとなく「集団のお見合い」みたいなものかなという漠然としたイメージしかありませんでした。そのためあまり気が乗らなかったのですが、そんなことを言っていてはいつまでたっても出会いがないと思ったので、重い腰をあげてまずは婚活パーティーに参加してみることにしました。

私が行ったのはホテルの会場を貸切って行うようなものではなく、ダイニングバーを貸切って数十人で行われるものでした。わざわざパーティー用のドレスを用意しなければならないと言われたらどうしようかと思いましたが、服装も自由だったので気軽に足を運ぶことができました。

会場には男女20人ずつくらいでパーティーが行われ、時々司会者がゲームをはさんだりしたものの、基本的には自由に飲み食いしながら会話を楽しむというものでした。男性にどう声をかけたらいいのか分からなかった私は、まず近くにいた女性グループと仲良くすることにしました。 婚活パーティーだというのに私はいつのまにか複数の女性たちと楽しく飲むという状態になっていました。それだけで楽しかったので「無理に男性と喋らなくてもいいか」と思い始めていた頃、ある1人の男性に声をかけられました。

「女の子のグループにいたからなかなか声がかけられなくて」と恥ずかしそうに声をかけてきた男性は私と同い年でした。仕事以外で男性と話す機会がなかった私も何を話していいのか分からず緊張してしまったのですが、その男性が会話をリードしてくれたおかげで楽しい時間を過ごすことができました。 実際にその男性とは連絡先を交換し、また日を改めて2人で食事をしようという約束をとりつけることができました。あっという間の2時間でしたが、まるで少女マンガの主人公になったかのようにふわふわと夢の中を漂っているような甘い感覚に包まれました。 その男性とは何度かデートを重ね、現在ではお付き合いするまでになりました。仕事の関係上結婚はまだできませんが、今でも十分楽しい日々を過ごしています。

婚活パーティーというのは参加するまでが気が重いという人も少なくはありません。しかし行ってみると意外と楽しめるものだというのを実感しました。無理に男性と喋ろうとしなくても、友達づくりという目的でもいいので気軽な気持ちで行ってみるというのが幸せを掴む第一歩なのかもしれません。 ホテルでのパーティーなどは本気度が高くなってしまうので、飲食店を貸切っての気軽な飲み会であったり、街コンなどの方が気楽に楽しむことができるのでおすすめです。

彼女とも別れて寂しい思いをしていた / 参加した人と色々な話が出来て楽しい / あっという間に過ぎていく時間